RC住宅について徹底解説

RC住宅の価格と耐用年数の関係

“RC住宅の価格は木造住宅に比べると少し高い傾向がありますが、長期的な視点で考えると決して高いわけではないことが分かります。
木造住宅の場合、30年ほどで建て替えが必要になることが多いですが、RC住宅は耐久性が高いため50年が平均的な建て替え時期となっています。
法定耐用年数では木造住宅は22年、RC(鉄筋コンクリート)は47年となっていますので、木造住宅に比べると遥かに長持ちすることが分かります。
建て替え時期はあくまでも目安で、リフォームで劣化した箇所を修繕することで建て替えせずに50年位以上、ないしは100年住むことも可能になります。
住宅が立地している環境や自然災害が発生する頻度によって住宅の劣化の速度が異なるため建て替え時期については一概には言えませんが、いずれにしてもRC住宅は木造住宅よりも高い耐久性を持っているため、耐用年数が長くなります。
建築費用が少し高くなっても長持ちした方が結果的に費用が安くで済みますし、住宅の劣化がしにくいのでリフォームの頻度も少なくて済みます。

例えば木造住宅を30年後に建て替えるよりも、RC住宅を50年後、60年後、70年後に建て替える方が後々の費用が安くなります。
30年で建て替えるとなると次の世代に渡す時には劣化がかなり進んだ状態となってしまいますが、50年後、60年後に建て替えれば済むRC住宅なら次の世代も継続して住むことができることでしょう。
住宅を建てる際、将来必要となる修繕や建て替えのことを考えると、RC住宅の方が費用が安くつきます。”

最新記事

PAGETOP